エスパルス アウェー名古屋戦勝利

2022/7/10アウェー名古屋戦@トヨタスタジアム

清水のレジェンドでもある長谷川健太監督率いる名古屋グランパス。

今シーズンはルバンカップで同組なのですでに3戦して1分2敗。

山原選手のPK献上で負けたルバンカップ、相馬選手のAT弾で負けたリーグ戦、辛い思い出ばかり。

中3日の3連戦、すでに前回の神戸戦で動きが重かったのに今回も同じメンバー。

嫌な予感しかなかったですが、西澤選手の「ゴールにパスする」ようなミドルシュートで先制。

名古屋の決定機を耐えながらサンタナ選手の豪快ミドルで追加点で見事な勝利。

勝ち嬉しい、すごい嬉しい。

ゼリカルド体制になって2勝目。

試合の組み立てに狙いはあるけど結果がでない状況だったので

このサッカーで勝てるという自信を持てることは今後すごくプラスになるはず。

クリーンシートも嬉しい。

でも結果でみる以上に紙一重の試合でした。

マテウス選手のクロス、FK全部怖かった。相馬選手のドリブルも怖かった。稲垣選手のシュート入ったと思った。

決定機の数は同じくらい、ポストに嫌われたシュートもレオシルバ選手と西澤選手の左足とお互いありました。

チャンスを決め切ったチームが勝てる。

J1で勝つって大変です。

前目の選手が結果を出しましたが、

宮本選手、白崎選手、山原選手、エーちゃんは交代なくフル出場。

メチャ走ってる!と思ってましたが、走行距離も4人ともチームトップ4。

夏の連戦で出続けているのにハードワークを止めずにチームに貢献する姿に頭が下がります。

白崎選手はスプリントで両チーム2位。(1位は神谷選手)

山梨学院の天才肌だった選手はJでもまれ献身的に走り続ける選手となりました。

順位は1つ上がりましたが、1勝しただけで下位からでることはありません。

ただ上に食らいつくのと下に置いてかれるのは全然違います。

久しく連勝みていないです、浮かれずに次の試合へ備えましょう。

そうはいっても勝った日は祝杯しちゃいます。ビール2杯目、夏の夜にビールが旨い。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる