コロナ、ゴラッソ、鹿島れ、ホーム京都戦(2022/8/27)

目次

スーペルなゴラッソ

前節柏には悔しい引き分けでしたが、今節はホームで京都サンガ戦。

エスパルスは勝ち点28の11位、京都サンガは勝ち点26の14位。

負けると京都に追い抜かれて残留争いのぬかるみにはまる6ポイントマッチ。

今回も勝ちたい、勝ちたいけど試合前にコロナ感染者2名発生。地味に効いてくるコロナ禍。

コロナ感染が主要メンバーではないこと祈りつ迎えた当日のスタメンは

  サンタナ カルリーニョス

乾 ホナウド  白崎  ピカチュウ

片山 立田 鈴木ノリ  原

    GK権田

こ、これは絶好調の山原選手と松岡選手がいない、そういうことなのか。

しかしは後ろは安定、もうコロナの洗礼はうけたもんね。原選手の復帰が嬉しい。

そして右も左も前も後ろもどこでもでれるエーちゃんが頼もしい。

控えには後半戦になって姿を消していた鈴木唯人選手がいる。

前半戦は主力だったのにU-21で怪我で離脱してからベンチ外、エスパルスも選手層が厚くなったもんだ。

対する京都は元エスパルス所属のウタカ選手が怖いな…あれウタカ選手いないぞ、新加入選手の外国人もいなさそう。

台風やACLの影響で京都は3週間ぶりの試合らしいけど、点取り屋と新戦力いないのはチャンスじゃないの。

そうやって18時に試合開始。

結果は1-0で清水勝利、イエーイ!!!これで直近5戦は3勝2敗の負けなし、すごいぞ。

試合を決めたのは乾選手!

立田選手→エーちゃん→カル選手でつないだパスを左サイドからダイレクトボレー!

それほどスピードのシュートですがキーパーが触れない孤を描いてゴールに吸い込まれました!

サッカーでは素晴らしいゴールをゴラッソといいます(スペイン語由来)。

まさにゴラッソ、ビックリマーク4個使うくらいゴラッソでした。

あるネット記事ではスーペルゴラッソとありますね、スーペルは多分スペシャルか?

ゴラッソ超えましたね。

まぐれですとThis is京都ではないけれど

試合は立ち上がりはエスパルスペースでしたが徐々に京都ペース。

京都のハイラインとプレスで決定機を作られますがハンドと権田選手のセーブで助かりました。

エスパルスも攻め込みますがこの試合は最後シュートやパスの精度がイマイチで決定機はあまりなし。

こ、これはメチャクチャ研究されるんじゃないのエスパルス。

休み明けのチョウキジェ監督、めちゃ対策してる、さすがだ。

後半もどっちかというと京都ペース、ゼリカ監督、選手交代で救いを!と願っていたタイミングで乾選手のゴラッソ。

このまま勝利をみせてくれと願いますが、前節も追いつかれている。

この試合は大丈夫か、大丈夫なのか。

80分台、CKの連続や豊川選手のシュートなど危ない場面もあるが耐える。

90分経過、アディショナルタイム(AT)は6分。柏戦と一緒じゃん!

良くないフラグなのか、今日は耐えれるのか。

鹿島ってくれ、時間を稼いでくれ。

※「鹿島る」とは、リードしている状況で終了間際にボールを保持して時間をつぶすことです。鹿島はこのプレーがめちゃ上手い。

エスパルスは鹿島るの下手です。今シーズンATで6試合失点して勝ち点を失っています。

ドキドキの中、追いかける京都の攻撃が続きますが、

93分サンタナのボール奪取、いいぞ!

そしてゴっちゃん(後藤選手)へパス、ゴっちゃん迷わずシュート力なくGK正面で相手ボール。

いい加減にしろ!シュートするんじゃない!と思いましたがFWの選手としてはそうはいかんのでしょうな。

しかしいつまでたっても鹿島れないエスパルス。頼むぞ、耐えろ、耐えてくれ。

この試合の救いは京都はボールを持つもののそれほど前目の選手が怖くないこと、そこは柏との違い。

95分ゴール前にボールが上がる、権ちゃんキャッチ、さすが権ちゃん安定のプレー。

ボールを蹴りだして試合終了。ホ~、良かった良かった、勝ったよエスパルス。

ヒーローインタビューは乾選手、ゴールの感想を聞かれて

「まぐれです」

クスっと笑いました。一流選手の余裕もありますが、関西出身のユーモアはエスパルスにはなかったなぁ。

来てくれてありがとう、乾選手。

試合後の京都のチョウキジェ監督のコメント、め、目が怖い。

チョウ監督はしぼりだすように

「This is 京都とは言えないけど、選手は全力で戦ってくれた、すべての責任は100%僕にある。」

相当な意気込みで対策してこの試合に臨んできたんだなとわかる。京都強かった。

※ちなみにThis is 京都はJ2水戸の秋葉監督のThis is 水戸ホーリホックを受けてのコメントだと思います。これも面白いので動画検索してみてください。

これでホーム2勝目、勝ち点も31点。必死の試合が続きますが勝てるようになってきました。

他会場はガンバ大阪が名古屋グランパスに勝利。

ガンバが勝つと残留争いが厳しいなぁと思っていると、ちょっと待てよグランパス…勝ち点33のままじゃん。

下が詰まりましたが、上も足止め。名古屋の負けも悪くないな。

そろそろエスパルスも上を見ても良いでしょうか。

いえいえ、残留争いの常連組としてはまだまだ油断しちゃダメですよ。気を引き締めていきましょう。

次は広島、4連勝中暫定2位の絶好調な相手です。これは強敵だ。

とりあえず、今日はハイボール飲みます。祝杯だ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる