脳梗塞は3種類ある

心原性脳塞栓、アテローム血栓性、ラクナ梗塞の3種類

脳の血管が詰まってしまう病気が脳梗塞です。

脳梗塞は原因によって3種類に分かれます。

心原性脳塞栓:心臓で大きな血栓(血の塊)ができて脳の血管に飛んでくるタイプ

アテローム血栓性:脳や首の血管が動脈硬化で細くなるタイプ

ラクナ脳梗塞:細い血管が詰まるタイプ

心原性脳塞栓は大きな血管が詰まるの急に重症な症状になりやすいです。

アテローム性はだんだんと症状が進むことがあります。

ラクナ梗塞は細い血管なのであとから気づくことがあります。

それぞれ薬が違います

原因がちがうので同じ脳梗塞でも飲む薬が変わってきます。

心原性脳塞栓症 ワーファリン、イグザレルト、プラザキサ、エリキュース、リクシアナ

アテローム、ラクナ:バイアスピリン、シロスタゾール(プレタール)、クロピドグレル(プラビックス)

自分の脳梗塞のタイプがわかないという方は薬のチェックをするとわかりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる